アロマを楽しもう

スポンサーサイト

アロマテラピーとは、花や木など植物の香りや様々な働きの力で人間の心と体に起きているトラブルなどをゆっくりと回復してくれる行為や技術のことです。
アロマテラピーは健康増進や美容に効果のある自然療法なんです。

 

またお香、キャンドル、フレグランスなどこれらの自然の香りを日常生活に取り入れて心身をリラックスさせたりストレスを解消したりさせる効果もあります。
現代人は多くのストレスを抱えて生活している人がかなりいるようです。
このような時代だからこそアロマテラピーが多くの人に愛されて活躍するんだと思います。

 

入浴時やセルフスキンケアなどにアロマテラピーを取り入れていくことは、私たちの心と体のバランスを正常に戻すためにも大いに効果を発揮すると思います。
この「アロマテラピー」という言葉自体が生まれたのは20世紀初頭です。
フランスの科学者であるガットフォセが作り出した造語です。

 

フランス語で「アロマ」は「芳香」を意味し、「テラピー」は「療法」を意味しています。
彼自身が実験中に大やけどを負って、その際に近くにあったラベンダーのエッセンシャルオイルに手を浸したら傷の直りがとてもよく、植物を使って効能を自ら体験したことからアロマテラピーが生まれました。

 

植物の香りや植物の成分を使うことは古代エジプト文明のころから数千年以上にわたって薫香や浸剤として使われていました。
ただしアロマテラピーとして提唱されたのは20世紀になってからのことです。
日本に紹介されたのは1980年代以降になるそうです。

スポンサーサイト