アロマテラピーに効果を発揮する主な精油をいくつか挙げていきます。
これらの主な効果は科学的には根拠がないものです。
しかし一般に体にいいと伝えられているものがいくつもあります。
まず花から精油を抽出する「イランイラン」には鎮静作用や収れん作用や催淫作用などがあります。

 

抽出方法は水蒸気蒸留法です。
同じく花から抽出する精油で「カモミール」や「ローマン」には鎮静作用や鎮痛作用や通経作用があります。
抽出方法は水蒸気蒸留法です。

 

花や葉から抽出する精油「クラリセージ」は抗うつ作用や緩和作用やホルモン調整の作用が有ります。
抽出方法は水蒸気蒸留法です。
果物の皮つまり果皮から抽出する精油に「グレープフルーツ」があります。
食欲増進作用があり、圧搾法にて抽出します。

 

葉から抽出する「ティートリー」には免疫賦活作用や殺菌作用や消毒作用などがあります。
抽出方法は水蒸気蒸留法です。
葉から抽出する「ペパーミント」にも同じく抗菌、殺菌作用があります。
また健胃作用もあります。

 

抽出方法は同じく水蒸気蒸留法です。
花から抽出する「ローズ・オットー」には収れん作用や子宮強壮作用などがあります。
同じく水蒸気蒸留法にて抽出します。
コアラが好きな葉として有名な「ユーカリ」には殺菌作用や消炎作用や鎮痛作用や抗ウイルス作用などがあります。

 

抽出方法は水蒸気蒸留法です。
グレープフルーツと同じく果皮から抽出するのが「レモン」です。
このようにアロマテラピーをすることによって私たちの体に多くの効果をもたらします。



トップへ戻る