リフレッシュ効果がとても優れているアロマテラピーは柑橘系のオイルがおすすめです。
特にグレープフルーツのオイルを使ったアロマテラピーはリフレッシュ効果のあるアロマとして有名です。
グレープフルーツを使ったアロマテラピーでは、私たちの食欲をコントロールする力もあるためダイエットにも絶大な効果があるとされています。
果実として日常食べていることもあって、なじみのある臭いのためアロマオイルとしての人気も高いです。

 

グレープフルーツのオイルに含まれている芳香成分であるヌートカトンも独特の力強さを出しています。
同じ柑橘系でもオレンジスイートのオイルは甘い香りがしますが、グレープフルーツは少し大人の香りがします。
果実同様に若干苦味があるような香りがするからです。

 

グレープフルーツのアロマには中枢神経のバランスを整える効果があり、そのためうつ状態を改善する効果を期待することができます。
この効果は柑橘系のアロマオイルならではのものです。

 

グレープフルーツの成分の中にはUCPというタンパク質の分泌を促進する効果のある物質が含まれています。
このUCPがタンパク質をだして脂肪をたくさん燃焼するためにダイエット効果があるとされています。

 

グレープフルーツの香りをアロマテラピーで嗅ぐことによって交感神経が刺激されてUCPの分泌を促進するのです。
つまりアロマテラピーでグレープフルーツのオイルを使うことによってリフレッシュ効果と共に脂肪燃焼促進効果が得られるのです。
美容やダイエットを気にしている人におすすめのアロマテラピーです。



トップへ戻る