シナモン

元気を出したいときにおすすめのアロマテラピーが「シナモン」のアロマオイルを使った物です。
アロマテラピーではこのシナモンのように日頃食品として使われている植物を使うことも有ります。

 

シナモンはニッキの香りがするもので、スイーツなどにスパイスとして使われます。
シナモンのアロマは世界中で有名なんです。

 

シナモンを使ったアロマテラピーでは、気持ちを高揚させる効果があります。
ちょっと元気がないとき、自分自身に活を入れて元気になりたいときなどに使うと効果を発揮します。
スパイスとしてだけではなくアロマオイルとしても優れた効果を発揮します。

 

シナモンのアロマでは疲れている心に働きかけて気持ちを高ぶらせてくれます。
落ち込んだ気力を回復させて何かに取り組みたいとき、何かを新たに始めるときなどシナモンのアロマテラピーで気持ちを高めてから始めるといいです。

 

他にもシナモンのアロマオイルは私たちの体調を整える効果があります。
体の痛みもとってくれるため疲れた体にも効果を発揮します。
体のたるみにも効果を発揮するため、張りのある体つくりが出来ます。
強心作用が有って気持ちを充実させて置く事が出来ます。
他にも、催淫効果もあります。

 

アロマオイルとして使うには若干肌への刺激がありますから、生理中の使用はさけてください。

 

シナモンのオイルは水蒸気蒸留法にて、花や葉や樹皮から抽出します。
主要成分はオイゲノール、シンナムアルデヒドの2つです。