アロマテラピーの目的

アロマテラピーの目的は大きく分けて4つ有ります。
1つ目は身体をリラクゼーションさせる効果や心身をリフレッシュさせるために役立てること。
2つ目は人間の美しさや健康増進させること。
3つ目は心身の恒常性を維持して促進させること。
4つ目は心身の不調を改善させて正常な健康状態に戻す効果を発揮することなんです。

 

昔から人々は植物の芳香を祭祀や儀礼、治療や美容などに使用してきました。
その昔エジプトで作られていたミイラなども防腐効果のある植物由来の香料を使っていたそうです。
このようにして植物の芳香は昔から世界各地で発展してきました。
そして今のように医学が発達する前の時代、人間の健康を守ってきました。
現代にも伝統医学として民間療法として伝えられているんだそうです。

 

中世のヨーロッパでは植物成分を抽出して水や植物油、アルコールなどに浸出していました。
他にも蒸留することによって精油の製法を見出しました。
これがアロマテラピーの原型であるとされています。
その後植物の芳香で香水が作られるようになって香水の大流行によって精油の生産量も大幅に増えました。

 

アロマテラピーはフランスで誕生してイギリスに伝えられたため、現代ではフランス系のアロマテラピーとイギリス系のアロマテラピーの二つが存在しています。
主にフランス系のアロマテラピーは精油を内服として使う医療分野で使われています。
イギリス系のアロマテラピーは心身にリラックス効果を与えたりスキンケアを行ったりすることに使われています。



トップへ戻る