精油の作用経路

精油の作用経路

植物から抽出された精油が果たして私たちの心と体にどのように効果をもたらすのかその作用経路を見てみましょう。
アロマテラピーの代表的な効果として「臭い」があります。
アロマテラピーでは嗅覚を通じて人間に作用します。

 

まず臭いの元である香りの分子が鼻の奥にある嗅上皮に入り、嗅神経に働きかけて脳に伝達します。
そのため脳からの指令がでて私たちに精神的リラックス効果と生理的効果をもたらすんです。

 

次に皮膚から吸収して全身に巡り渡ります。
皮膚の表面から入りこみ真皮に吸収されます。
さらに真皮の中にある毛細血管に精油の成分が入り、血液を通して全身に巡ることになります。

 

他には口から空気と一緒に入り込む吸入による作用があります。
人間は絶えず呼吸をしています。
その呼吸と一緒に肺に入って、肺胞の中から血管へ入り血液を通して全身を巡ります。

 

海外では口から服用することによってアロマテラピーを吸収するという効果も確認されていますが、日本国内においてはこの方法は推奨されていません。
危険ですから絶対やめてください。

 

このようにして、鼻を通して、皮膚から吸収して、口から入ってと体の様々な部分でアロマテラピーの元となる精油成分を吸収して血液へと入り込み体全体に流れている血流を通して体全体に伝わるという作用経路になっています。
アロマテラピーを使ってリラックス効果を得るのに吸入器など何か特別な機器が必要なわけではなく、人間本来の力で自然に取り入れてその効果を得る事が出来るです。