精油の効果

スポンサーサイト

精油の成分に関しての構成や有効成分そして毒性など解明が進んでいます。
アロマテラピーを行うとリフレッシュ効果やリラックス効果が得られることはわかっています。

 

しかし精油が分子単位でそれぞれ体内ではどのような働きをしているか分子生物学において研究が行われている段階でまだはっきりしたことはわかっていません。

 

精油が私たちの体にもたらす効果はいくつかあります。
体の生体組織に直に働きかけるアロマテラピーとしては、ローマンやカモミールなどによる鎮痙作用やローズマリーなどによる血行促進作用やラベンダーなどによる止血作用があります。

 

体の防御システムに働きかけるアロマテラピーとしては、ティートリーなどによる抗菌作用、やユーカリなどによる去痰作用、フランキンセンスなどによる免疫強化作用があります。

 

体の代謝を助ける働きをするアロマテラピーとしては、グレープフルーツなどによるリンパ系の刺激作用、ジュニパーなどによる利尿作用があります。
体のバランスを整える働きをするアロマテラピーとしては、クラリセージなどによるエストロゲン作用、ペパーミントなどによる三半規管調整作用などがあります。

 

また精油は私たちの皮膚にもいくつか効果をもたらします。
イランイランやジュニパーやローズマリーなどには収れん作用があります。
ベンゾインなどには皮膚をやわらかくする作用があります。

 

その他にも保湿作用のあるアロマテラピーなどがあります。
このように精油はアロマテラピーによって私たちに多くの効果をもたらしてくれるのです。

スポンサーサイト