アロマテラピーは正しく使わないときちんと効果が得られません。
アロマテラピーをする上で気をつけなければならない注意事項について説明します。
基本的なルールを守って正しく使えば美容、健康、ストレスケアに幅広く効果を発揮する事が出来ます。

 

精油の取り扱いで注意しなければならないことは、決して精油の原液をそのまま肌に塗ったり、服用したりしないことです。
アロマテラピーでは精油は必ず希釈して使います。
精油を取り扱うときは目に入らないように気をつけて下さい。

 

また精油を取り扱うとき火気の近くは避けてください。
引火の恐れがあります。
保管の際はキャップをきちんと締めて冷暗所に置いてください。
精油は高温多湿を嫌います。

 

もちろん小さなお子さんが服用しないように手の届かないところに保管してください。
アロマテラピーで使う精油は植物から抽出をしたものを使っています。
外見だけよく似ている合成オイルなどとは全く違うものですから決して混ぜ合わせないようにしましょう。

 

アロマテラピーは一般にどなたにでも使っていただけます。
しかし妊婦や高齢者などの場合香りなどに敏感に反応してしまう人もいます。
異変を感じたり不快を感じたりしたときにはすぐに使用を中止してください。
ただしお子さんの場合は大人より少ない量で行うことはもちろん、室内など密室空間での利用はおすすめできません。

 

アロマテラピーでトリートメントを行うときには、事前に必ずパッチテストをしてから行ってください。
アロマテラピーで専用器具を使う場合、キャンドル式のアロマオイルで火災が起こる危険があります。
ろうそく立てを使ってキャンドルを使うようにする、周囲に燃えやすいものを置かないようにする、寝るときには火を消すようにするなど十分に注意してください。



トップへ戻る