セルフスキンケア

アロマテラピーによる効果としてスキンケアがあります。
自宅で簡単にその効果を実践できるのがセルフスキンケアです。
アロマテラピーを使って行うセルフスキンケアの方法をいくつか紹介します。

 

手軽に自宅で出来る方法として「湿布」があります。
湿布は洗面器に適量の湯あるいは水を入れます。
自分が得たい効果のある精油を選んで1滴〜3滴たらします。
かき混ぜたらその湯あるいは水をタオルなどに含ませて軽く絞ってから体の湿布したい部位に当てるだけです。

 

一般的に急性トラブルの場合はまず冷やすといいということで冷湿布法を用いて、慢性的なトラブルの場合はじっくり温めるということで温湿布法を用いるといいです。

 

メイク落としをする際に使うクレンジング、これもまたアロマテラピーとして精油から作って行うことができます。
まず植物油5mlに精油1滴を入れてよくかき混ぜます。
これでメイク落としをしてメイクを浮き上がらせます。

 

その後コットンなどを使って拭きとって洗顔料で洗えば完了です。
肌への負担も少なくきれいにメイク落としすることができます。

 

続いてスキンローションです。
精油の中にグリセリンを入れることで保湿力UPさせることができ、お肌を乾燥から守ってくれます。

 

まずグリセリン5mlの中に精油を1滴入れます。
よくかき混ぜたらそこに精製水を45ml入れます。
これであとは保存用の容器に入れれば出来上がりです。
使うときには毎回容器を振って中身を混ぜるようにしてから使ってください。